Components-Mart.comへようこそ

言語を選択してください

  1. English
  2. Français
  3. Gaeilge
  4. polski
  5. Afrikaans
  6. Magyarország
  7. Български език
  8. Italia
  9. Kongeriket
  10. Suomi
  11. lietuvių
  12. Eesti Vabariik
  13. tiếng Việt
  14. Dansk
  15. čeština
  16. Türk dili
  17. íslenska
  18. עִבְרִית
  19. Svenska
  20. ภาษาไทย
  21. Nederland
  22. Slovenija
  23. Slovenská
  24. Português
  25. español
  26. Melayu
  27. Hrvatska
  28. Deutsch
  29. românesc
  30. Ελλάδα
  31. සිංහල
  32. 한국의
  33. Maori
キャンセル
RFQs / Order
Part No. Manufacturer Qty  
まず  ページ > ニュース > マイクロチップ、AVR開発をMPLAB Xに移行

マイクロチップ、AVR開発をMPLAB Xに移行

マイクロチップ社は、AVLマイクロコントローラに基づく設計をサポートする次世代のMPLAB X統合開発環境(IDE)を発表しました。このリリースのMPLAB Xバージョン5.05では、従来はPICマイクロコントローラを使用し、MPLABエコシステムで開発したデザイナーが、AVR MCUを評価してアプリケーションに組み込むことができました。

ビジネスマン、オフィスデスクで働いて、デジタルタブレット、コンピュータ、ラップトップ、さまざまなオブジェクトを周り、トップビュー;シャッターストックID 268877255; PO:一括購入マイクロチップ社は、将来のMPLABバージョンでは、追加のAVR MCUの設計サポートが追加されると述べています。 AVRサポートは、現在および将来のAVRデバイス用にAtmel Studio 7およびAtmel STARTに引き続き追加されます。

MPLAB X IDEスケーラブルプラットフォームは、Windows、MacOS、およびLinuxオペレーティングシステムで互換性があります。

ツールチェーンは、マイクロチップ社のコード設定ツールMPLAB Code Configurator(MCC)をサポートして強化されており、ツールのメニュー駆動インタフェースを使用してクロック、ペリフェラル、ピンレイアウトなどのソフトウェアコンポーネントとデバイス設定を構成できます。また、MCCは、MicrochipのCuriosity ATMega4809 Nano(DM320115)開発ボードや既存のAVR Xplained開発ボードなど、特定の開発ボード用のコードを生成することもできます。

もう1つの特徴は、MPLAB X IDE 5.05を使用してAVR MCUをコンパイルおよびプログラミングする際に、より多くのコンパイラの選択肢とデバッガ/プログラマオプションが利用できることです。コンパイラの選択には、AVR MCU GNUコンパイラ・コレクション(GCC)またはMPLAB XC8 Cコンパイルが含まれます。

AVR MCUの評価とプログラミングに使用できる開発ボードの大部分は、MPLABエコシステムとMCCによってサポートされています。 Xplained開発ボードはSTARTと互換性があり、MPLAB X IDEと互換性があります。 MPLAB X IDEバージョン5.05、MPLAB XC8 Cコンパイラ、AVR MCU GCCは、マイクロチップのウェブサイトで無料で入手できます。

MPLAB PICkit 4(PG164140)開発ツールは、現在、それぞれ47.95ドルで販売されています。 MPLABスナップ(PG164100)は、毎月​​$ 14.95でご利用いただけます。

ATmega4809 Curiosity Nanoボード(DM320115)は、毎日10ドルでご利用いただけます。サポートされているデバイスのリストについては、MPLAB X IDEをダウンロードしてください。