Components-Mart.comへようこそ

言語を選択してください

  1. English
  2. Français
  3. Gaeilge
  4. polski
  5. Afrikaans
  6. Magyarország
  7. Български език
  8. Italia
  9. Kongeriket
  10. Suomi
  11. lietuvių
  12. Eesti Vabariik
  13. tiếng Việt
  14. Dansk
  15. čeština
  16. Türk dili
  17. íslenska
  18. עִבְרִית
  19. Svenska
  20. ภาษาไทย
  21. Nederland
  22. Slovenija
  23. Slovenská
  24. Português
  25. español
  26. Melayu
  27. Hrvatska
  28. Deutsch
  29. românesc
  30. Ελλάδα
  31. සිංහල
  32. 한국의
  33. Maori
キャンセル
RFQs / Order
Part No. Manufacturer Qty  
まず  ページ > ニュース > アーム、FPGAオプションと新しいビジネスモデルをDesignStartに追加

アーム、FPGAオプションと新しいビジネスモデルをDesignStartに追加

Phil Burr(左)とSimon Georgeがザイリンクス開発者フォーラム2018で、

サンノゼで発表されたのは、DesignStart開発ポータルの延長線上にあり、ビジネスモードの変更を示しています。ポートフォリオプロダクトマネジメントディレクターのフィル・バー(Phil Burr) 「これにより、fpgasで可能なことが広がり、Corex-M1とCortex-M3に即座にアクセスできるようになり、CPUにすでに精通している開発者にライセンスフリーになります。

なぜアームがロイヤルティやライセンス料なしで利他的なアプローチを取っているのかと質問されたとき、バーは、DesignStartはプロトタイピングのためのアシックを開発し、デザインでFPGAを使用するために使用されたと説明しました。プロトタイプと同じコアを使用して製造段階に移行します。

Cortex-M1に加えられた変更 DesignStart FPGA ユーザーがVivado環境と周辺機器を設計できるようにAXIインターフェースが変更されました.Fpga構造に適合するようにパイプラインで最適化され、密結合メモリとして構成されたfpgasのメモリを使用するメモリインターフェース構造の変更TCM)。

デザイナーは ヴィヴァード ArmスイートのWebページにアクセスしてDesignStart FPGaをダウンロードしてすぐにアクセスできます。

Cortex-M1は今日のDesignStart FPGAで利用可能で、Cortex-M3は月末に提供される予定です。 System SoftwareとSoC Solutionsのプロダクト・アンド・テクニカル・マーケティング担当ディレクター、Simon George ザイリンクス 彼は「Cortex-M1と-M3は巨大なエコシステムで確立されているが、多様な可用性とコード最適化は開発者にとって非常に魅力的である」と同氏は述べている。 。 。私たちは両方を利用したいと思っており、両者に尽力しています」